タイ旅行はいつから行けるのか!?そして、バンコクの現状は…

タイ
スポンサーリンク

タイ旅行はいつから行けるのか?

気になっている日本の方も多いです。

タイ自体は入国は可能ですが、

必要書類や日本へ帰ってからの隔離など

まだまだ課題が多いです。

そのため、

気軽にタイ旅行というわけには行きません。

詳しくは日本大使館や外務省の情報など確認が必要です。

>>在タイ日本大使館WEBサイト

タイは2020年3月から厳しい規制が発令され、

海外からの渡航も制限されました。

あれよあれよで、

もうすぐ2年がたとうとしています。

>>タイでは2週間(3/18〜3/31)の娯楽施設の営業停止命令が出たってよ!

当初、元の状態に戻るまでに7年以上かかると聞いたときは

とても驚きましたが、現在では本当にそのくらいかかりそうだと

実感が出てきました。

スポンサーリンク

タイ旅行の隔離なしから隔離ありへ

タイ旅行が一時期だけ隔離なしで入国できたのですが、

オミクロンの影響で12月中旬からまた隔離が必要になりました。

その時の状況で入国や隔離の条件が変わっていくため、

タイ旅行を考えている方は

常にチェックが必要です。

開国、開国と政府が叫んでいたのですが、

完全な開国までは早かったようです。

ただ、11月12月では

外国人の明らかに旅行者という方も見かけました。

仕事で新しく

タイに入国される方とはたくさんお会いしますが、

日本人の旅行者はまだ少ない感じがします。

タイのワクチン接種状況

必要回数の接種完了者が60%は超えてきています。

さらに、ブースター接種をしている方も出てきました。

日本は80%近い方が接種完了しています。

タイの場合はワクチン接種をすることで、

安心して出歩いている方と、

まだ警戒している方で二極化している気がします。

警戒して自主規制している方もいますが、

デパートなどはとても混み合っっています。

バンコクの現状はどう変わったのか

バンコクの名物の渋滞が戻ってきました。

以前はガラガラで

まったく車やバイクが走っていない時もありました。

駅の構内もまったく誰も見ない時も。

2021年12月のバンコクは、

通勤時や通学時のラッシュアワー時は

まったく動かない時もあります。

ちなみに、

タイ語でラッシュアワーは

✅ เร่งด่วน(rêŋ dùan、レン ドゥアン)

✅ ชั่วโมง เร่งด่วน(chûamooŋ rêŋ dùan、チュアモーン レン ドゥアン)

11月から店内飲酒が21時まで可能になり、

12月から店内飲酒が23時まで可能になりました。

そのため、

少しずつ街中にも賑わいが戻ってきました。

タイ旅行とバンコクの現状まとめ

タイは開国していよいよタイ旅行という時でしたが、

タイ旅行に気軽に来れる日は先になりそうです。

しかし、バンコクの街中は少しずつ活気付いています。

早く元のような日々に戻るのを祈るばかりです。

タイトルとURLをコピーしました