【タイ生活】現地採用の2019年を振り返って

ブログ
dav
スポンサーリンク

タイの現地採用の生活って実際どうですか?

もちろんストレスもあるし、テレビの「幸せボンビーガール」で取り上げているように良いことばかりではないですが、正直言ってタイ生活はとっても楽しいです。

これからタイ移住をしようか迷っているのですが、どう思いますか?

タイに移住したいと思っている人はタイ在住でブログやtwitterをやっている人に相談、タイやアジア向けの転職サイトに登録など、行動しながら考えることをオススメします。

今まではタイへの外こもりや現地採用は、タイに堕ちると言われ散々な言われようでしたが、現在は日系企業もたくさん進出し、現地採用者も増えてきています。もちろんコールセンターなどでギリギリの生活をしている人もいますが、10万バーツ(約35万円)以上稼いでいる人もたくさんいます。日本人の求人もまだまだたくさんありますので、今後も日本人の在住者は増えていくと思います。

スポンサーリンク

【タイ生活】現地採用の2019年を振り返って

※2019年に完成したタイで最も美しい駅と言われるサナーム・チャイ駅。

サナーム・チャイ駅からワット・ポーへの電車でのスムーズな行き方

2019年の個人的な振り返りで書いています。

2018年の後半には「マハナコーン・スカイウォーク」や「アイコンサイアム」などができ、2019年には「ドンキモール・トンロー」ができ、BTSやMRTも延伸工事どんどん行われています。コンドミニアムの建設ラッシュもとどまることを知らず、バンコクは日本にはない成長を街全体から感じる場所です。タイは不景気だと言う人もいますが、住んでいるだけでは全くそんな気配はなく成長を続けています。

タイでの生活費はどうですか?

生活費は日本に住んでいた時の40〜50%減に抑えられました。ただ、旅行したり特別な出費があるとその分かかります。ボンビーガールのように頻繁に旅行に行く場合は貯金はできないですね!笑

タイに来た理由としては海外の新しい環境で挑戦してみたかったこと、生活費を抑えて生活ができると思ったからです。タイなら日本人の最低賃金が月収5万バーツ(約17.5万円)なので、日本で稼げないと思っている人、生活がカツカツな人はタイに来た方が余裕のある生活ができるかもしれません。私自身も日本にいた時よりも生活に余裕が出てきました。幸せボンビーガールで月10万円貯まると行っていましたが、タイ料理を食べて特に大きな買い物や旅行をしなければ月10万は貯まります。ただ、貯められない人の方が多いのが現実かと…

タイでの生活はストレスがありますか?

タイに来てからは日本の満員電車でストレスを感じることがなくなり、これだけでもだいぶ心の平穏が取り戻せました。

もちろん日系企業だとタイにいても基本は日本の風習を受け継いでいることが多いので、人間関係に悩まされることもあります。ただ、それを含めても日本よりはタイの方が住みやすく感じます。日本にいてストレスを感じてタイに来る人も多いです。海外の開放感があるからタイでのストレスの方が低く感じますね。

2019年の一番の出来事は何ですか?

タイ嫁さんと結婚したことです!

タイ人の女性と出会い結婚することになり、4月のソンクラン休みに日本に一緒に旅行をかねて帰省することになりました。そして、国際結婚するための書類の準備が大変でした。書類が正しいかどうかを証明するために日本大使館で印章をもらい、タイの外務省でもさらに印章をもらう必要があるのです。書類の準備ができていざ婚姻届を出すにも、国際結婚を受け付けている区役所とそうでない区役所があり、日本人のトラブルもたえないそうです。ようやくのことで結婚し、式は日本で挙げることができました。

国際結婚する方法は①最初に日本で書類提出→タイで書類提出、②最初にタイで書類提出→日本大使館に提出の2つの方法がありますが、②の方法で最初にタイで提出しました。国際結婚についての詳細は別途ブログに書いこうと思います。

それから1年に一回は行ったことのない国に海外旅行に行くのが目標なのですが、今年は台湾に行くことができました。タイ国内もまだまだ行ったことない場所が多いので、来年もやることを毎日コツコツと積み重ねてプライベートの時間も充実させていきたいです。

台湾(九份)旅行ブログ

台湾(高雄)旅行ブログ

それから、今年はムエタイ観戦でルンピニーやラジャダムナンに試合を見に行きました。久しぶりに見るとやはり熱くなりますね。ラジャダムナンでは日本人で9人目の王者になった石毛選手が活躍し、話題の年になりました。

石毛選手タイ国ラジャダムナンタイトルへの挑戦!

【ムエタイ】ラジャダムナンスタジアムの歴代日本人王者

それから、ムエタイ用品やムエタイパンツのお店について記事を書いたら、見てくれた人からお礼をいただいて嬉しかったです。

【2019年版】知らないと損!?バンコクでムエタイ用品が買えるお店オススメ7選

さらに、今までバンコクからだと遠くて行けなかったのですが、センティアンノーイさんのジムにRIKIXの加藤有吾がムエタイ修行に行っていたので行ってきました。センティアンノーイさんは外国人に対してもとても熱心に指導をしてくれます。

タイでムエタイ修行中のRIKIX加藤有吾に密着!!

【タイ生活】現地採用の2019年のまとめ

現地採用は底辺の連中だと卑下する人もいますが、それは日本が終身雇用、年功序列、退職金、年金を十分もらえる時代なら正しかったかもしれません。ただ、現在では日本で普通に働くよりもタイの現地採用で働いた方が(生活費が抑えられるのも含めて)余裕がある場合も多々あります。「老後の心配はどうするのか?」とも聞かれますが、それは日本でもタイでも同様だと思います。勢いでタイに来ましたが、タイ生活はとっても快適です。迷っている人はぜひ情報収集など小さな一歩から始めてみて下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました