タイ人と国際結婚するための手続き (在タイ日本大使館)

お知らせ
スポンサーリンク

タイ人との国際結婚をするのに業者に頼むか自分でやる方法の2通りがあります。お金を節約するために、業者に頼まずに書類を準備し、手続きをタイ嫁さんと一緒に全部行いました。その在タイ日本大使館での手続きまとめです。これからタイ人と結婚される人の参考になれば嬉しいです。

必要な書類一覧については詳細をまとめましたのでご覧ください。

タイ人と国際結婚するために必要な書類と手続きについて!

「戸籍謄本」はたまたま日本に一時帰国した際に取得しました。時間がない人は親に頼んで取ってもらってタイまで送ってもらいましょう。そして、職場に「在職証明書」「所得証明書」を依頼して作成してもらいました。タイ嫁さんの書類はお願いして集めてもらいました。

スポンサーリンク

タイ人と国際結婚の書類作成のため日本大使館へ

在タイ日本大使館の場所

在タイ日本大使館 (Embassy of Japan)

住所:177 Witthayu Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330

電話:02 - 207 - 8500

開館時間:8:30〜12:00、1:30〜16:00

     ※土日休館

在タイ日本大使館はルンピニーにあります。駐車場もありますので、車やバイクでも行くことは可能です。電車で行く場合はMRTのルンピニー駅まで行ってそこから歩いて5分ほどになります。

3番出口から出て交差点を右側に曲がってまっすぐ歩いていきます。左手側にはルンピニー公園が見えます。

領事部と書いた看板がありますので、そこから敷地内に入っていきます。初めて行った時は通り過ぎてしまって、間違えて大使館の人が入る入り口の方へ行ってしまいました。

入口では身分証明のためにパスポートの確認がありますので、係員のタイ人にパスポートを見せて中に入っていきます。さらに建物の中に入ると、係の日本人の方がいますので、申請の仕方を聞きましょう。

「結婚資格宣言書」「独身証明書」の申請

申請書類をいただいてどこに何を書けばいいのか丁寧に教えていただけるので、書いてから前にある機械から整理番号を取って待ちます。日本大使館の待合室は写真撮影禁止のため写真はないですが、朝早く行くと10人もいなかったのでスムーズに進みました。日本大使館での手続きはタイ嫁さんは行かなくて自分だけで大丈夫です。

30分もしないうちに窓口に呼ばれて、書類について確認をして終了です。次の日以降に取りに来るように言われました。思ったよりも早く済んでよかったです。

「結婚資格宣言書」

「戸籍謄本」「在職証明書」「所得証明書」などから「結婚資格宣言書」を作成してもらいます。

「結婚資格宣言書」の申請費用 ⇒ 500バーツ

「独身証明書」

「独身証明書」の申請費用 ⇒ 350バーツ

「パスポート証明書」の申請

「結婚資格宣言書」「独身証明書」があればいいと書かれていますが、今は厳しくなってきていて「パスポート証明書」も必要な役所もあります。

なんと、タイ国郡役場にタイ嫁さんに問い合わせてもらったところ「パスポート証明書」がそのため、後日あらためて「パスポート証明書」を申請しに行きました。2度手間になってしまいましたので、これから申請に行く人はあらかじめ3つを取得しましょう。

「パスポート証明書」の申請費用 ⇒ 610バーツ

日本大使館で書類取得後の手続き

窓口で書類を受け取るときに、次はタイ語に翻訳してからタイ国外務省領事局で印章を取得してくださいと丁寧に説明していただきました。ジェーンワッタナーというドンムアン空港の近くなのでスクンビット地区からだと1時間近くかかります。

あと、このときに日本人が多く住むトンロー地区のワッタナー区役所では外国人の婚姻を受け付けなく問題になったと教えていただきました。

在タイ日本大使館でかかった費用

日本大使館は比較的に混んでいないので時間はかかりませんでした。特に朝の早い時間はとても空いているのでオススメです。ただ、書類を集める時点でけっこうお金かかりました。

結婚資格宣言書500バーツ
独身証明書350バーツ
パスポート証明書610バーツ
合計1,460バーツ

その他、交通費がかかっているのでざっくり2000バーツくらいと考えると、

総額 約7000円 (1バーツ=約3.5円)

在タイ日本大使館での手続きまとめ

必要な書類を集めて日本大使館に印章をもらいに行く手続きのため、これは業者に頼まずに自分でも簡単にできます。日本大使館なのでもちろん日本語が通じるので大丈夫です。ただ、平日しか開館していないのと、申請してから受け取りは次の日以降になるので平日2日間は必要です。どうしても時間が取れない人は業者に頼んでしまいましょう。思ったよりも手続きに手間と費用がかかってしまい驚いています。これからタイで婚姻届を出す予定の人は参考にしてください。

コメント

  1. […] 前回、日本大使館にて必要な書類「独身証明書」「結婚資格宣言書」「パスポート証明書」を取得してきました。次のステップとしてその書類を持ってタイ国外務省領事局へ行ってきま […]

  2. […] ⇒タイ人と国際結婚するための手続き① (在タイ日本大使館) […]

タイトルとURLをコピーしました