タイは夜間外出禁止令、営業停止を5月17日から緩和の第二弾へ!

タイ
スポンサーリンク

タイは厳しい規制の成果が数値として表れてきました。

タイは5月に入ってからはほぼ毎日、新型コロナウィルスの新規感染者が1桁台と終息に向かって進んでいます。しかも、ほとんどがタイ南部や海外からの帰国者のため基本的には抑え込めています。そのため、5月の半ばから一部の規制緩和がされるという噂がされていました。非常事態宣言はまだ続いていますが、少しずつタイの日常に戻りつつあります。

 ✅5月13日 → 新規0人

 ✅5月14日 → 新規1人

スポンサーリンク

タイの営業停止、非常事態宣言の時系列

✅2020年3月17日

タイでは2週間(3/18〜3/31)の娯楽施設の営業停止命令が出たってよ!

✅2020年3月21日

バンコクで一時閉鎖!?3/22〜4/12まで営業停止を閣議決定

✅2020年3月26日 (非常事態宣言発令)

タイで非常事態宣言がとうとう発令!実際はどうなの?

✅2020年4月3日

⇒夜間外出禁止令(22:00〜4:00)

✅2020年4月9日

バンコクでは酒類販売禁止(4月10〜20日)になってしまった!

✅2020年4月20日

バンコクの酒類販売禁止令が30日まで延長に!

✅2020年4月28日

⇒非常事態宣言5月31日まで延長

⇒5月3日からは規制緩和の第一弾

タイは5月3日に規制緩和の第一弾!

2週間前に規制緩和のタイ “コロナ対策”は万全(20/05/15)

タイの飲食店はソーシャルディスタンスで距離を空けた状態での店内飲食が可能になりました。ようやく美容室や床屋も営業再開になったのが嬉しかったです。2ヶ月ぶりくらいに髪のカットに行ってスッキリしました。やはり髪を切れないのはけっこうストレスになります。

4月はほとんど人通りのなかった街中も5月3日過ぎてからは増えて少しずつにぎやかさが戻ってきたような気がします。それでも、建物の入口ではマスク必須、体温計測と手の消毒を必ずしているので、まだまだ徹底して対策はしています。人通りが出てきてもマスク必須、消毒を徹底して行えばこれ以上広がることはないと思います。適当なイメージがあるタイ人ですが、対策にはしっかりと従っています。

タイの夜間外出禁止令、営業閉鎖を5月17日から一部規制緩和!

タイは食料品店と薬局等以外はほとんど閉鎖していましたが、ショッピングモールやデパートなどの営業再開も決定しました。まだまだ第二弾なので完全ではないですが、少しずつ通常の生活に戻って行くことを祈ります。このごに第三弾と第四弾がありますが、このまま新規感染者がほとんどいなければ6月始めには第三弾が発表されるのではないかと思います。

夜間外出禁止令は引き続いていきますが、1時間遅くなり22時→23時に緩和されました。

 ✅夜間外出禁止令 23:00〜4:00

タイの規制緩和の第二弾のまとめ

タイの完全な営業再開は6月以降になりそうですが、新型コロナウィルス自体はほぼ終息に向かって進んでいます。4月の後半からは新規感染者は1桁台が続いています。それもほとんどがタイ南部や海外からの帰国者になります。厳しい閉鎖や自粛を守ってきた成果が出てきたので、国内での感染はほとんど抑えられていることになります。第二弾の緩和でさらに経済がまわっていくとともに、しっかりと終息していくことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました