節約のためにスマホ代を見直し月額約6,700円の削減に成功!

ブログ
スポンサーリンク

結論としては、ドコモのキャリア携帯から格安スマホの楽天モバイルに契約変更して月額約6,700円の削減ができました。

お金を増やしていくには、当たり前ですが収入>支出にする必要があります。収入を増やすか、支出を減らすかの選択肢は2つです。ただ、サラリーマンをやりながら毎月の給料を数千円上げるのは容易なことではありません。今までの日本企業では年功序列で年次昇級があり、成果を上げなくても自動的に給料が上がっていきました。

しかし、頑張ってもなかなか上がらないのが今の世の中です。そのため、1万円収入を上げるよりも1万円支出を下げる方が簡単です。節約のためにスマホ代を削減したい人は、キャリア携帯から格安スマホへ変更することで大きく支出を削減できます。

スポンサーリンク

節約のためにスマホ代を見直し月額約6,700円の削減に成功!

具体的に支出を書き出す

具体的な支出を把握できていますか?

第1ステップとして具体的な支出を把握しましょう。貯金ができない、給料日前になるとお金が足りなくなってしまう場合は、具体的な支出を把握していないからです。そのため、ざっくりでいいので何にいくら使っているのかを把握しましょう。何が必要で何がムダなのか具体的な数値で把握することが重要です。それだけでも節約への第1ステップ完了です。今回はスマホ代がいくらかかっているのかしっかりと把握しましょう。

キャリア携帯を契約している人は、基本料金だけでなくオプション料金がかかり割高になっている場合も多くあります。契約時に勧められたりお得と言われて契約しても結果的には使っていないオプションもあります。ムダなオプションを契約している場合があります。私も請求書をしっかりと確認した時に、よくわからないオプション料金があり、基本料金も高く「あー、これ全部ムダな支出だったのか…」もっと早く対処しておけば良かったと後悔しました。

まずは具体的な支出を把握しましょう。

キャリア携帯から格安スマホへ変更

日本ではドコモ、ソフトバンク、auが携帯電話業界での3大キャリアとして大きくシェアを占めています。ひと昔前に格安スマホが出て来るまでは全てのシェアを独占していました。現在は格安スマホを取り扱う会社がたくさん出てきているため、シェアも少しずつ変化していますが、いまだにキャリア携帯を使っている人が多いのも事実です。節約してスマホ代を削減したい人はキャリア携帯から格安スマホへ変更することはマストです。

キャリア携帯と格安スマホの違い

最近SIMカードとかSIMフリーという言葉をよく聞くようになりました。それもそのはず、キャリア携帯はもともとセットで販売されていたため、本体とSIMカードを区別していませんでした。同じ携帯として扱われていましたが、操作する本体とデータや電話番号の情報が記載されているSIMカードは別物になります。電話番号を識別するのは中に入っているSIMカードなのです。

格安スマホが台頭してきたことにより違いが区別されるようになりました。

 ✅キャリア携帯 ⇒ (本体+SIMカード)がもともとセット

 ※セットになっている(SIMロック)のため、他のSIMカードに変更できない。

 ✅格安スマホ ⇒ 本体とSIMカードは別々

 ※本体がSIMフリーなので自由にSIMカードを入れることができる。

SIMフリーとは

今までのキャリア携帯は本体とSIMカードがセットになっていて交換することができません。それがSIMロックスマホになります。格安スマホはスマホ本体に自由にSIMカードを組み合わせることができます。自由にSIMカードを入れ換えできるのでSIMフリースマホと言われます。日本のキャリア携帯はSIMロックになります。そのため、キャリア携帯が独占し料金も割高となっていました。

日本以外の海外では本体とSIMカードが別々なのが当たり前です。日本も世界と同じように本体とSIMカードが別々のい手に入るようになってきました。

格安スマホの契約方法

格安スマホを扱っている会社はたくさんあります。個人的には大きな差はないと思っています。特にこだわりがない人は迷っていていつまでも契約できないともったいないので、直感でいいと思ったところで契約しましょう。ネット上でも簡単に契約できます。私は本体だけでまずお得なものを探して購入しました。次にSIMカードを楽天モバイルで契約しました。

方法としては、本体とSIMカードを別々に購入するか、セットになっているものを購入するかのどちらかです。ネットでもお得な情報がたくさんありますので、まずは見でどれだけ差があるのかを把握していきましょう。

✅本体だけ購入して、SIMカードを契約する。

※スマホ本体だけを扱っているサイトもあります。

SIMフリースマホの購入はこちら!【STEPBUY】

✅本体とSIMカードセットで販売されているものを契約する。

実質980円という格安なプランもあります。これは驚きです。格安スマホの会社がたくさん出てきたので、お得なプランを調べてみましょう。もし1万円近くスマホ代がかかっていてそれが980円になったら10分の1に節約できることになります。

※実質と書かれているので、各プランをしっかりと確認しましょう。

節約されたスマホ代

2年で約16万円の節約ができました。

実際にキャリア携帯から格安スマホにして節約できた金額です。月額だけでもこれだけ節約できて、年間では約8万円の節約になりました。2年間で約16万円の節約ができました。キャリア携帯から格安スマホに迷っている人は数年先までの支出を考えましょう。3年後を考えると約24万円の節約になります。ここまでくるとメリットが大きいです。

キャリア携帯格安スマホ差額
月額料金約8,500円約1,800円約6,700円
1年間 (×12)約102,000円約21,600円約80,400円
2年間 (×24)約204,000円約43,200円約160,800円
3年間 (×36)約306,000円約64,800円約241,200円

節約しようと思ったきっかけ

現在はタイに移住してバンコクで過ごしていますが、日本にいた時に給料が上がらず焦っていました。横浜に住んでいて都内の会社に通っていましたが、奨学金の返済もあり貯金もなかなかできずにいました。将来のために貯金していくのに、すぐに収入は上げられないのでまずは節約していくことにしました。

支出の大きな割合は家賃、保険、通信費などが占めています。すぐに引越しをすることは難しいですが、保険やスマホ代はすぐに行動に移せます。キャリア携帯から格安スマホに契約変更するだけなので節約のためには一番のオススメです。なかなか給料が上がらないと悩んでいる人も多いですが、具体的に家計を把握して、具体的に節約の行動を移すだけで変わっていきます。

まとめ

節約するのにスマホ代を見直すことが一番簡単です。お金を増やしていくのに収入>支出をする必要があります。そのため、収入を上げる方法も考える必要がありますが、支出を減らすことはすぐに手をつけることができます。まずは具体的な支出を把握して自分の家計を分析しましょう。キャリア携帯のままでもいいやと考えている人は格安スマホがどのくらいの料金体系なのか見るだけでも初めの一歩になります。

私もずっと「キャリア携帯のままでもそんなに変わりないだろう」と思っていましたが、実際は年間で約8万円も削減になりました。2年間で約16万円です。しかも店頭に行かずにネットで安い本体とSIMカードの契約を調べてすぐに契約できました。驚くほど簡単にできたので「もっと早く変更すればかなりの節約になったのに」と思いました。迷っていたら具体的に何か行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました