ムエタイジムのタイ人トレーナーの注意点5選!!

ムエタイ
スポンサーリンク
ピジュン
ピジュン

ムエタイジムでタイ人トレーナーが教えている光景も普通になりました。

というか…

ムエタイジム、キックボクシングジムが日本でも驚くほど増加しました。

日本でもタイ人トレーナーがいるジムも多くなり、

ラジャダムナンやルンピニーのチャンピオンも普通にいます。

これ、ホントにスゴいことです。

当たり前の光景ですが、日本の横綱が海外でトレーナーとして活躍しているのと同じです。

ムエタイの世界最高峰の選手の指導は本当にスゴいことです。

しかし、ムエタイジムのタイ人トレーナーの指導はメリットだけではありません。

日本のジムでタイ人に教わる場合も、タイのムエタイジムに練習に行く場合もデメリットがあります。

1番言いたいこととしては、ミット打ちの距離感です。

スポンサーリンク

ムエタイジムのタイ人トレーナーの注意点5選!!

ムエタイジムのタイ人のミット打ち

ムエタイジムのタイ人のミット打ちの注意点は、

パンチミットで押しすぎることです。

当たってから押さえるのではなく、

トレーナー自ら前にミットを出して受けてきます。

そのため、パンチの距離が近い距離でのミットになり、

短いパンチを打つことになります。

タイ人の選手はシャドーやサンドバッグでは自分で距離を調整するのですが、

日本人はヒットポイントが短いままになってしまうことが多いです。

そのため、距離感がずれてパンチがおかしくなる場合があります。

ムエタイジムではタイ人トレーナーは必要以上に前に押してくる場合があるので、

理解してミット打ちをする必要があります。

特にタイにムエタイ修行に行く場合は、

距離感がおかしくなって帰ってくる場合もあります。

>>バンコクでムエタイ修行ができるムエタイジムおすすめ3選

>>タイでムエタイ修行【センティアンノーイジム】

ムエタイジムのタイ人と女性会員

※不快に思われた方もいたため、申し訳ありませんでした。(追記)

昔、ジムにタイ人トレーナーが2人常駐していたのですが、

女性会員のミットを持っているところを、1度も見たことがありませんでした。

タイ人トレーナーはなぜか男性のミットしか持っていなかったのです。

ジムの会長に「何で男性のミットしか持たないんですか?」

とたずねたところ、

「女性関係での問題が起こるのを未然に防ぐため」という回答でした。

実際に他のジムのタイ人では耳にしたことがあります。

「今までいたタイ人がいなくなったのは何か理由があるの?」

と聞いたところ、そういう理由でした。

しかし、本当に1部の人のため、タイ人全員がこの限りではありません。

これはタイ人も日本人も人によるところが大きいとは思います。

ムエタイジムのタイ人は人によって指導方法が違う

ムエタイジムはジムによっても指導方針が変わりますが、

それ以上に、タイ人によってまったく指導方針が違います。

タイに練習に行った時も、

ピジュン
ピジュン

タイ人によって言っていることがまったく違いました。

日本でも自分のジムにタイ人が3人いたのですが、

それぞれ言っていることが違いました。

自分のスタイルに合っていればいいのですが、

合っていなければ、結果に繋がらないからです。

日本の場合は、K-1やRISEなどの立ち技格闘技が流行り、

パンチ中心の試合になる場合が多く、必ずしもタイ人の指導が良いとは言い切れません。

ムエタイジムのタイ人は日本語を覚えようとしない

ムエタイジムのタイ人は人によって、

タイ語を覚える人と覚えない人がいます。

タイ人は人によっては日本語をすぐに覚える人もいれば、

何年たってもまったく覚える気がない人もいます。

ムエタイの技術があっても、

言葉が通じない場合も多いです。

日本のジムでタイ語を覚えろと言ってくるタイ人がいました!笑

(仕事で来ているのだから)

いや、お前が覚えろよって思いました。

ムエタイジムのタイ人は気分によって変わる

ムエタイジムのタイ人は気分によって、

気合が入っている時とやる気がない時があります。

やる気がある時はあるすぎるってくらい気合が入っていますが、

やる気がない時は適当すぎるくらいやる気がないです。

これも人や状況によりますが…

日本で働いているタイ人は真面目な人が多いと思いますが、

タイにムエタイ修行に行く場合はけっこうあります。

ムエタイジムのタイ人まとめ

ムエタイジムにタイ人が常駐しているという理由で私も所属ジムを決めました。

ムエタイの本場のタイ人に教えてもらった方が強くなると単純に考えたからです。

しかし、ムエタイジムのタイ人トレーナーのデメリットもありますので、注意が必要です。

日本の戦い方を研究して、指導してくれるタイ人だとベストです。

選手もタイ人もお互いに良いところを伸ばせるような関係が築けるのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました