ムエタイ・キックボクシングの構えと足運び(超初心者向け)!

ムエタイ
スポンサーリンク

ムエタイやキックボクシングをやっている方は

構えがしっかりできているでしょうか。

ピジュン
ピジュン

たかが構え、されど構えです!

構え方が正しいか間違っているかで、

上達具合も変わってきますので、

ムエタイやキックボクシングを始めた方は

ぜひチェックしてみてください。

構えがうまくなると

動きもスムーズになります。

自宅でできるムエタイエクササイズについては

以下を併せて参照ください。

>>ムエタイのエクササイズでダイエットしませんか!?

スポンサーリンク

ムエタイ・キックボクシングの構えはなぜ大切なのか

ムエタイやキックボクシングを始めたばかりの方や

なかなかうまく打ったり、蹴ったりできないんですと

言われる方の共通点を考えていたところ、

「構え」と「足運び」だと気付きました。

ムエタイやキックボクシングの

構えは

かけっこでは、「位置についてよーい」です。

要するに

打ったり蹴ったりする準備段階なのです。

準備ができていれば

その後の動き出しもスムーズになります。

逆に

準備ができていなければ

動き出しもぎこちなくなります。

そのため、

構えがしっかりできるということは

準備がしっかりできているということです。

ムエタイやキックボクシングが上達したい人は

構えを見直してみましょう。

ムエタイ・キックボクシングの構え!

ムエタイの構えと足運び (超初心者向け)

ムエタイやキックボクシングの構えをチェックして、

一歩ずつ上達していきましょう。

動画でも併せてチェックしてみてください。

①肩幅に足を開きます。

②利き足を後ろに引いて構えます。

③前足のつま先は真正面、後ろ足のつま先は斜め前。

④左右の幅は、拳1個分か半分くらい空ける。

⑤体は後ろ足と同じく斜め前に向ける。

⑥後ろの手はアゴの横あたり。

⑦前の手は顔の前あたり。

⑧重心は真ん中。

構えの基本的な説明となります。

しかし、

構え方も人によって微妙な違いがあります。

またパンチが打ちやすい構え、

キックが蹴りやすい構え、

ディフェンスがしやすい構えなど、

少しずつ違いがあります。

そのため、

構えをしていく中で、

より自分自身にマッチした

構えを身につけていきましょう。

ムエタイ・キックボクシングの足運び!

ムエタイの場合は

前後に重心移動をしながらリズムを取ることが多いです。

キックボクシングの場合は、

跳ねるようにステップをする場合もあります。

ゆっくり動く場合や、

速く動く場合がありますが、

基本的な考え方は同じです。

バランスよく動きたいため、

動いた後も

始めと同じスタンスをキープすることが大切です。

動いた後に足幅が狭くなりすぎたり、

一直線になってしまうとバランスが悪くなります。

バランスが悪い状態で

打ったり、蹴ったりしても、

もちろんうまくいかないことが多いです。

構えと同じくらい、

足運びやステップも大切なのです。

前後の移動

前後に移動する場合は、

前後の足幅が狭くなりすぎてしまうことに注意しましょう。

✅前への移動

前足→後ろ足の順番に動かします。

✅後ろへの移動

後ろ足→前足の順番に動かします。

横の移動

左右に移動する場合は、

足が交差したり、一直線にならないように注意しましょう。

✅左への移動

左足→右足の順番に動かします。

✅右への移動

右足→左足の順番に動かします。

ムエタイ・キックボクシングの構えまとめ

格闘技や武道ではよく隙の無いいい構え、

一朝一夕でできる構えではないと言われるように、

正しい構えをするというのは、

昨日今日で、すぐできることではありません。

うまくなるためにも

動きやすい構えを取ることは大切です。

そのため、ジムで練習する際には

毎回、構えのチェックをすることをオススメします。

改善しながら自分にマッチした構えを追求していきます。

たかが構え、されど構えです。

コメント

  1. […] >>ムエタイ・キックボクシングの構えと足運び(超初心者向け)! […]

  2. […] >>ムエタイ・キックボクシングの構えと足運び(超初心者向け)! […]

  3. […] >>ムエタイ・キックボクシングの構えと足運び(超初心者向け)! […]

  4. […] >>ムエタイ・キックボクシングの構えと足運び(超初心者向け)! […]

  5. […] >>ムエタイ・キックボクシングの構えと足運び(超初心者向け)! […]

タイトルとURLをコピーしました