情報量が510倍になった世の中を生き抜くには?

人生を変える
スポンサーリンク

子どもの頃はインターネットなんてまったく想像できなかったです。

わからないことがあったら人に聞いたり、本や辞書を調べていませんでしたか。漢字や意味などわからなければ「辞書をひきなさい!」なんて言われたものですが、今は「ググりなさい!」と言われることもあります。自分でもわからないことがあればググっとけっていうことがあるくらい、インターネットが身近なものになっています。辞書を一生懸命にひいていた時代が懐かしいです。

✅昔:「辞書をひきなさい!」

✅今:「ググりなさい!」

スポンサーリンク

情報量が510倍になっている

あるITのコンサルティング会社の情報では、インターネットがなかった時代とある時代で比較した時に情報量に510倍の差があると公表しています。確かにパソコンやスマホがあればその場ですぐに検索できて、ほとんどのことを解決することができてしまいます。

でも、本当かウソかはわからないですよね。

そうなんです。良い情報も悪い情報も含めてたくさんの情報が毎日飛び込んできます。見聞きした情報をそのまま鵜呑みにすることもできるし、疑ってかかることもできます。また自分の検索意図によってはポジティブな情報ばかり入手することもできるし、ネガティブな情報ばかり入手することもできます。

情報を選択する

一番重要なことは情報を選択することです。

ネガティブな情報や否定的な情報ばかり集めていると、ネガティブな情報ばかりさらに目につくようになり、自分自身の行動や未来もネガティブなものになっていきます。逆にポジティブな情報や有益な情報に触れていると、ポジティブな情報が目につくようになり、自分自身の行動や未来もポジティブなものになっていきます。

どちらを選んでも正しい

ダボス会議で発表された65%という割合があります。現在生まれた子どもが将来ない職業につく割合が65%です。今でもYoutuberなどがありますが、さらに新しいものばかり出てくるなんて信じがたいです。今までは良い大学に行って、良い会社に入るという成功モデルがありました。そのため、それ以外はダメだという烙印を押されていた。今の時代は既存のモデルに合わない人は「作っちゃえ」ということで、新しい職業を作る人が65%になっていきます。不安もありますが素晴らしい世の中です。

どれが正解ではなく、どちらを選んでも正しいということ。

昔はみんなが必ずこれを選べば幸せになるというモデルがあったので、ある一定の確実性があって何の問題もありませんでした。したがって、1つの正解がありました。ただ、今の世の中はどれが正解というものがありません。

✅大企業でも幸せな人と不幸な人がいる。

✅ベンチャーでも幸せな人と不幸な人がいる。

✅ニートでも幸せな人と不幸な人がいる。

不安で不安でいっぱいな将来の不安が消える「未来の働き方」80分の講演会をフル公開!

今後、さらに生産性が高くなっていくと働く人はいらなくなってきます。今の働いている人の仕事をロボットなどが代替してしまえば、その分はいらなくなります。そのため、働くか働かないかを選ぶ未来が迫ってきてます。そんな世の中になったらあなたは働きますか。

会社がなくなる?

世の中は所有という概念から共有(シェア)という方向に向かっています。「Airbnb」は世界一の不動産会社ですが自社で所有している不動産件数は0件です。個人の持っている家を空いている期間だけ貸し出すビジネスなので、個人の家を共有できるサービスをしています。また、世界一のタクシー会社は「Uber」ですが、所有しているタクシー台数は0台です。こちらも個人の車を共有していることになります。

タイでは「Uber」ではなく「Grab taxi」が走っています!

そのため、企業どうしのBtoB、企業から消費者へのBtoC、現在ではメルカリなどの個人から個人へのCtoCへ移行しています。要するに新しいものを大量生産して販売するというモデルは古くなっていて、個人どうしでシェアしていく感覚です。所有から共有する世の中へ変わっていきます。また、会社に頼らず個人で新しいビジネスをどんどん作っていく時代になりますので、会社という今までのモデルがなくなったり形を変えていくことは確実です。

働かなければ何をしますか?

「働かざる者食うべからず」

そんな言葉があ流くらいなので、今までは働かない人は価値がないと言われていました。しかし、今後は「働かなくても生きていける」人も出きて、働くか働かないかを選択できる世の中になってくるかもしれません。

もし働かなくても最低限の暮らしができるならば何をしますか?

一部の人だけ仕事をして、大多数の人は仕事をしない世の中。人類史上直面したことのない贅沢な悩みです。自分が熱中できる趣味や物事がある人は大丈夫ですが、ほとんどの人はそこまで熱中できるものはないのではないでしょうか。仕事をしなくてもいいと言われて悩む人が出てくるなんて、今の時代からすると考えられないことですが…。

✅仕事を頑張る

✅とにかく遊び倒す

✅スポーツを頑張る

✅芸術に打ち込む

✅とにかく家族を大切にする

✅世界を見て回る

まとめ

インターネットで何でも情報が手に入る時代ですので、自分で情報を選択することが大切です。さらに、情報を選択した上で自分の人生を自分で選択していくことが必要になってきます。正解があった確実性のある過去の時代と、正解が存在したない不確実性な未来。確実性がなく不安が多いですが、裏を返せば全ての可能性があるということです。今まではなりたい自分になれる人が少なかったです。しかし、裏を返せばなりたい自分になりやすい世の中でもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました